変形性膝関節症の正体|O脚を治しスラっとした美脚に

婦人

細胞の酸素不足改善に

婦人

身体を作る原料となる鉄

貧血は鉄分が不足したことで起こってしまいます。これは鉄分が血液の赤い色の元となる色素のヘモグロビンを作るのに使用されているのですが、それが不足してしまったことでヘモグロビンが不足してしまいます。ヘモグロビンは全身の細胞に酸素を行き届かせるという仕事をしているので、ヘモグロビンが不足すると細胞が酸欠状態になってしまい、めまいや震えなどの貧血の症状が起こってしまいます。貧血というのは、細胞の酸欠状態のこととも言えるのです。貧血は食事などから鉄分を摂取し、ヘモグロビンが正常に生成されるようになると改善していきます。そこで利用したいのが鉄のサプリメントです。サプリメントならば食事よりも効率よく鉄分の摂取が出来るからです。

ヘム鉄と非ヘム鉄の違い

鉄分は体内に吸収されにくいという特徴があります。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があり、ヘム鉄は肉類に多く含まれている鉄分で、非ヘム鉄は野菜に多く含まれている鉄分です。吸収率に違いがあり、非ヘム鉄よりもヘム鉄が5〜6倍も体内への吸収率が高いと言われています。そのため、貧血の人はヘム鉄が多く含まれている「レバーを食べろ」と言われるのです。サプリメントが貧血改善のためにすすめられるのはヘム鉄でできていることと、鉄分が濃縮されているので他の栄養素の過剰摂取にならないことが理由です。特にレバーはビタミンAが豊富なためビタミンAの過剰摂取に繋がってしまう可能性があるので、効率よく鉄分だけを摂取できるサプリメントが推奨されているのです。